FC2ブログ
空とぶものの誘惑
仙台・宮城の情報のほか、さまざまなことを書いています。
ウェルカム 仙台
↓仙台市青葉区国分町のいたがきの向かいにある飲食店「雅」。
10060111.jpg

↓「ようこそ 仙台へ」
10060112.jpg


思えば観光客が仙台に来るのは、別に仙台七夕だけでなく普段もやってくるわけです。

それを考えると、ささやかでも仙台の観光客はうれしく感じるのではないでしょうか。


スポンサーサイト



テーマ:仙台 - ジャンル:地域情報

チョロちゃん(645)
キミは中身がカラッポだね。 なんなら仙台味噌を入れてあげるよ...
10060101.jpg


あれっ。 鳩山さんも仙台味噌かな?





※あらら...ローソンも仙台味噌でしたね。 ざんねん。




テーマ:雑記 - ジャンル:日記

オー・舞い・ダーウィン
※このブログでは時々バルーン関係の話題を取り上げています。

バルーンというと人の気持ちを高揚させる力があるようですが、一方でバルーンを使って
破天荒なことを行なってしまい、社会に迷惑をかけたり、命を落としてしまうことも
あるものです。

世の中でには、「ダーウィン賞(ダーウィン・アワード)」という賞がありますが、Wikipediaによると
「ダーウィン賞 (Darwin Awards) は、進化論者であるチャールズ・ダーウィンにちなんで名づけられた
皮肉の「名誉」であり、ダーウィン賞は、愚かな行為により死亡する、もしくは生殖能力を無くすことに
よって自らの劣った遺伝子を抹消し、人類の進化に貢献した人に贈られる賞である。」
とあります。

【ダーウィン・アワード】
http://darwinawards.com


バルーンにまつわる例でいうと...

ローンチェアのラリー(Lawnchair Larry)という話が有名で、1982年7月にラリー・ウォルターという男性が
風船をたくさんくくりつけたローンチェアに乗り、アメリカ・カリフォルニア州サンペドロから出発。
上空の管制空域に侵入し、最後は送電線に引っかかり周辺の住宅を停電にして着地し罰金刑となった話が
あります。


それから最近の例では

2006年6月3日にアメリカ・フロリダ州で酔った大学生2人が、8フィートもの大きさのヘリウム入り
アドバルーンを引き降ろし、気球の中に頭を突っ込み2人とも窒息死したという事故があります。

その事件はダーウィン賞2006の1位に選ばれましたが、このことを茨城県の高校生が知っていたら
ヘリウムガス入りゴミ袋で窒息せずに済んだのかと思うと残念でなりません。

そして、2008年4月20日にはブラジルのアデリール・アントニオ・デ・カルリ神父が
1000個のヘリウム入りゴム風船でブラジル南部の港町パラナグアから飛び立ち、後日遺体で
発見されたというものがあります。

その事件もダーウィン賞2008の1位に選ばれました。日本にも気球で冒険したマイカルアドベンチャー号や
神田道夫さん、たくさんの係留気球を付けたファンタジー号で飛び立った風船おじさんこと鈴木嘉和さんが
いますが、いずれも命を落としたり、行方不明という結果。
気の毒ですね。 断末魔で人は空を飛べないことに気づいても後の祭りです。


上の3つのバルーンにまつわる事例はいずれもダーウィン賞に取り上げられ、上位にも上げられている項目。
過去のダーウィン賞の1位では2007年に、「3リットルのシェリー酒を浣腸して摂取し急性アルコール中毒で
命を落とした男性が受賞した」とありますが...なんてバカなんだろうとみんな思うことでしょう。
だけど、先の3つの事例はそれと同レベルの行為だとも云えるわけです。

日本のマスコミは欧米人はハチャメチャな行為に対し寛大だという暗示に似た話題の取り上げ方をしますが、
欧米でもやはり非現実的な行為により命を落とすことには、日本と同様に冷ややかな世間の視線があることを
忘れてはいけません。


余談
 先日、ジョナサン・トラップさんがたくさんのビニール気球でドーバー海峡横断に成功したという話がありますが、
 今回の冒険では高度2300mで4時間で海峡を横断の一方でそのための訓練では高度4500m(-15℃)の
 環境で14時間連続の飛行を行ない、航空無線・緊急無線・衛星追跡装置や酸素供給システムなどを装備して
 行なわれたといいます。(ただ、これでも太平洋横断では危ないのかもしれませんが。)


その一方で、日本のマスコミの馬鹿さ加減には閉口してしまいます。


きょうの昼のテレ朝のワイドスクランブルの眼力OH!でしたが、
「アメリカで風船で空を旅することが流行している」というのですよね。
(それならば熱気球飛行は大大大流行といえそうですが...)


この話題を見ていて「何を寝ぼけたことを言っているのだろう?」と思いました。
(番組の製作者がガス会社かバルーン業者からお金をもらっているのか分かりませんが、記事を見ていて
 なんか痛々しかったです。コメンテーターもみんな揃ってやりたくないと言っていました。)

よみうりテレビの「鳥人間コンテスト」だって、グライダーの下でボートが随時追尾して、落下した所に迅速に
駆けつけるから、事故が起きにくいわけですが...

風まかせでどこに落ちるか分からない自己責任の冒険。
損害保険会社だって相手にしないような冒険をテレビ局が普及させようとしてどうするつもりなのでしょうね?
(日本の学力低下の危機感のなさはこういうテレビ番組の内容にも表れているのかもしれません。
 3年近く前にヘリウムガスを吸って窒息死した高校生がいましたが、あれもテレビのバラエティ番組の影響。
 ○○というテレビ番組を見て、まねをして命を落としたら、放送局は賠償でもしてくれるのでしょうか?)



※先日の風船太郎の「あらびき団」や「欽ちゃん・香取の全日本仮装大賞」の出演ですが...
 どうも番組の製作サイドが意図的な風船ブームを作ろうとしていますが...普及したら事故も起きそうです。
 人が入るような大きな風船は、口の締め付けが強いので、一般の人が助手も付けずに単独で行なうと、
 風船の破裂で口が首を絞め付けて「ダーウィン賞の仲間入り」になる恐れがあります。
 お気を付けください。


[READ MORE...]

テーマ:雑記 - ジャンル:日記



ACCESS



Search Widget

http://twitter.com/goodies/widgets



環境アピール

balban.gif ↑上のファイルはGifアニメファイルで簡単に表示できます。  あなたのブログにブログパーツのように貼り付けてお使い下さい。

Take a stroll with MCS Beachwatch(漂着ゴミ映像)

風船飛ばしで野生生物の命が奪われます!

エコ風船を含む天然ゴム風船の大量の風船飛ばしは、野生生物の誤飲や絡まり事故の原因となり命を落とします。

欧米では天然ゴム風船(エコ風船)による風船飛ばしが、分解前の風船の誤飲ひもの絡まりにより命を落とす原因となることが分かっています。

mcs15.jpg

このブログでは野生生物に影響を及ぼす1万個を超える悪質な風船飛ばし(バルーンリリース)に反対します!

日本では、業界により「土にかえるから環境に優しい」という風船飛ばしの安全PRが行なわれていますが、野生生物に対する十分な影響調査が行なわれていません。ご賛同される方はJEAN・クリーンアップ全国事務局日本ウミガメ協議会などの環境団体に提言をお願い致します。



プロフィール

soratobi1(あきら)

Author:soratobi1(あきら)
FC2ブログへようこそ!

※コメント・トラックバックは内容を確認のうえ掲載しています。



カテゴリー



カレンダー(月別)

05 ≪│2010/06│≫ 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



最近のコメント



月別アーカイブ



トラックバックリスト



QRコード

QRコード



Yahoo! ニュース



Hilight_KW



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RevolverMaps



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



Clock Link



tenki.jp

tenki.jpのトップページにある天気予報画面を、ブログパーツにしてみました。上部にあるタブをクリックすると、天気、気温、降水確率の画面に切り替わるのでとても便利です!



お天気時計(仙台市)