FC2ブログ
空とぶものの誘惑
仙台・宮城の情報のほか、さまざまなことを書いています。
なんでん・かんでん
日本の生活にいまや電気は欠かせない存在ですが、オーストリアの首都ウィーンの
ウィーン産業技術博物館(http://www.tmw.ac.at/)で発見された1931年頃(昭和6年)に発行された
「30 Ways to Die of Electrocution」の30もの絵は、電気の普及された世界で起こりうる
命に関わる感電のパターンを例示しています。

3099570391_b2353f7d9b_m.jpg
※この画像及び関連する30枚の絵の詳細につきましては、以下のFlickrのサイトの
Bre Pettis氏の「30 Ways to Die of Electrocution」のセットをご覧下さい。

【Flickr:Bre Pettis・30 Ways to Die of Electrocution】
http://www.flickr.com/photos/bre/sets/72157611077138836/

当時はテレビではなくラジオが放送メディアの主流だった時代。 ヘッドホンは
ピンジャックに挿さずに、端子に結び付けて使うような銅線剥き出しで使うような
状況では確かに感電は起きやすい状況だったのかもしれません。
けれども、絵の中では今でも日本でも起きるような事象はいくつか見つけることは
できます。


さて、日本でも割りと電信柱を見かけることができますが、案外高電圧が身近で
流れていることに気づいていないような気がします。

↓電信柱の10~15mくらいの高さにこんな変圧器(トランス)が付いているのを
 見かけることがあります。
09042601.jpg

実はこの変圧器および、それをつなぐ電線には3相の6600Vの高圧線が流れています。

↓一部の変圧器には容量と6600Vの文字が入っています。
09042602.jpg

一般家庭に供給される交流100V及び200Vの電気はこの高圧の電気を変圧して
送られています。

↓電柱への漏電を避けるため、電柱と電線をがいしをはさみ電線をジャンプさせて
 配線してあったりします。
09042603.jpg

我々人間が感電で気をつけなければならないポイントがいくつかありますが
・同じ電圧であれば直流より交流の方が危険。供給される交流50、60Hzの電気は
 心臓の鼓動に近いので心臓に電気が流れた場合けいれんにより短時間(1、2秒)の
 感電でも致命的になることが多い。
 (交流100V、200Vはもとより50V未満の電圧でも死亡例がある。)
・一般に体に流れる電流が20mA以上流れると危険で、体が乾いているときよりも、
 汗や雨などぬれているときの方が電流が流れて危険。 また、体内抵抗は
 高電圧の方が抵抗値が下がり、より電流が流れるので危険。
・電圧が3000Vないし6000Vでは、15cm以下に近づくだけでも感応電流による電撃を
 受ける恐れがあり危険。
 また3000Vでは感電時に体が電線にひきつけられる恐れがある。
・高圧電線は絶縁体が被覆されているが、直射日光にさらされるため亀裂などで劣化している
 こともあり、電線を保護する作用があっても感電を防止する効果は期待できない。


などでしょうか。


日本でも、このような高圧電線の感電事故がありますが,毎年10~20人ほどの
犠牲者が出ているようです。


【大阪府消費生活センター:だんじり祭り、クラッカーでやけど】
http://www.pref.osaka.jp/shouhi/topic/danjiri.html
【安全衛生情報センター:高圧活線を切断し感電】
http://www.jaish.gr.jp/anzen_fts/FTS_SAI_DET.aspx?joho_no=717
【安全衛生情報センター:電柱に引っ掛かった広告用アドバルーンの垂幕の撤去作業中、電線に触れ感電、死亡】
http://www.jaish.gr.jp/anzen_fts/FTS_SAI_DET.aspx?joho_no=568


釣りのカーボンロッドが電線に接触して亡くなったりする人もいます。 また、たこなどの
木綿糸も雨などでぬれれば電気を通す導電体に早替わりです。

電線に物が絡んだら、自分で何とかしようとせず、電力会社に連絡した方がいいのは
確かでしょう。

09042604.jpg


※アメリカで起きたマイラーバルーンのショートによる停電の例

【SpongeBob did it: Balloon triggers Mid-Cape power failure】(上から3番目の記事)
http://www.capecodtoday.com/blogs/index.php/2008/02/03/power_out_in_yarmouth_hyannis?blog=80

関連記事

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://soratobi1.blog73.fc2.com/tb.php/3525-023b01a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ACCESS



Search Widget

http://twitter.com/goodies/widgets



環境アピール

balban.gif ↑上のファイルはGifアニメファイルで簡単に表示できます。  あなたのブログにブログパーツのように貼り付けてお使い下さい。

Take a stroll with MCS Beachwatch(漂着ゴミ映像)

風船飛ばしで野生生物の命が奪われます!

エコ風船を含む天然ゴム風船の大量の風船飛ばしは、野生生物の誤飲や絡まり事故の原因となり命を落とします。

欧米では天然ゴム風船(エコ風船)による風船飛ばしが、分解前の風船の誤飲ひもの絡まりにより命を落とす原因となることが分かっています。

mcs15.jpg

このブログでは野生生物に影響を及ぼす1万個を超える悪質な風船飛ばし(バルーンリリース)に反対します!

日本では、業界により「土にかえるから環境に優しい」という風船飛ばしの安全PRが行なわれていますが、野生生物に対する十分な影響調査が行なわれていません。ご賛同される方はJEAN・クリーンアップ全国事務局日本ウミガメ協議会などの環境団体に提言をお願い致します。



プロフィール

soratobi1(あきら)

Author:soratobi1(あきら)
FC2ブログへようこそ!

※コメント・トラックバックは内容を確認のうえ掲載しています。



カテゴリー



カレンダー(月別)

10 ≪│2019/11│≫ 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最近のコメント



月別アーカイブ



トラックバックリスト



QRコード

QRコード



Yahoo! ニュース



Hilight_KW



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RevolverMaps



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



Clock Link



tenki.jp

tenki.jpのトップページにある天気予報画面を、ブログパーツにしてみました。上部にあるタブをクリックすると、天気、気温、降水確率の画面に切り替わるのでとても便利です!



お天気時計(仙台市)