空とぶものの誘惑
仙台・宮城の情報のほか、さまざまなことを書いています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨大ゴム気球と巨大風船
※このブログでは時々バルーン関係の話題も取り上げています。

気象台をはじめとする高層の気象観測では、「ゴム気球」というものが使われますが、
通常巨大な「ゴム風船」は使われません。

しかし、バラエティ番組を初めとするテレビ番組ではどちらも「ゴム風船」ということが多いですね。

でも、「ゴム気球」と「ゴム風船」は見た目は似ているようで、ものは全く別物。
「ゴム風船」は日本を含め世界各国の企業で作られますが、「ゴム気球」は
気球製作所をはじめ世界でも数社でしか作っていません。

「ゴム風船」は通常大きさを膨らました時の大きさ(インチ)あるいは寸・千丸など
膨らます前の大きさで言われることが多いですが、ゴム気球は気球の重さ
(グラム)でいいます。

「ゴム風船」は普通ゴム液に型を何回か浸(浸漬)して乾燥させて作られることが多いですが
「ゴム気球」は半円のボウル状の型に液を均一にして張り合わせたり
フラスコ状の容器の中に感熱性のゴム液を流し込み加熱して成型することが
多いですね。(日本の企業では主に後者の方法で作られていたりします。)

「ゴム風船」は膨らます回数に特に制限はありませんが、「ゴム気球」は
「1回」もしくは「1日」で使い切り処分するのが鉄則。 気象観測では
世界各地の観測所で同タイミングでゾンデを飛ばすので、失敗が
ほとんど許されない高信頼性が要求される用途などで用いられるからです。

「ゴム風船」はそのままじかで膨らますことができますが、「ゴム気球」は
高層気象観測では高層の低温やオゾンによる劣化を防ぐため、それ自体に
異物混入の少ない高品質のゴム液を使用したり薬剤が混ぜてありますし、
使用前に気球を灯油で浸すことも珍しくありません。

なお「ゴムの辞典」(朝倉書店)という書物がありますが、「ゴム風船」は
手袋やコンドームなどと同じ薄層製品ですが、「ゴム気球」はそれとはまた別の
カテゴリーとして記されています。

ちなみに一般に使われる「ゴム風船」は破裂時に放球時(飛ばすとき)の直径の
2倍まで伸びることはそうないと思われますが、ゴム気球の場合は大きさの関係もあり
破裂時には通常は放球時の5倍以上の直径まで伸びます。

余談
 ちなみにあす(6月29日)の夜11時半からTBS系「飛び出せ科学くん」という番組で
 「緊急企画!風船カメラで地球を激撮! 」というものがあります。
 3万メートルまで飛ばすとなれば、600g(原形の長さ1.45m、平均破裂高度30.5km)
 あるいは800g(同1.7m、31.5km)の重さのゴム気球が使われると思われます。
 ゴム気球は破裂時には数ミクロン(一説には4ミクロン以下)の薄さの一方で
 直径7~8mの大きさとなり、上空で細長くバラバラになりますが、通常使われる
 ゴム風船は膜の厚さや材質、大きさや飛ぶ高度も大きく異なり、同様にそうなるとは
 いえないでしょう...

 それと近頃では緯度・経度・高度を随時発信するGPSゾンデも使われています。
 おそらく落球後にハイビジョンカメラを見つけることも実際にはそれほど時間は
 かからなかったのかもしれません...
関連記事

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://soratobi1.blog73.fc2.com/tb.php/3837-1dfa2ada
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ACCESS



Search Widget

http://twitter.com/goodies/widgets



環境アピール

balban.gif ↑上のファイルはGifアニメファイルで簡単に表示できます。  あなたのブログにブログパーツのように貼り付けてお使い下さい。

Take a stroll with MCS Beachwatch(漂着ゴミ映像)

風船飛ばしで野生生物の命が奪われます!

エコ風船を含む天然ゴム風船の大量の風船飛ばしは、野生生物の誤飲や絡まり事故の原因となり命を落とします。

欧米では天然ゴム風船(エコ風船)による風船飛ばしが、分解前の風船の誤飲ひもの絡まりにより命を落とす原因となることが分かっています。

mcs15.jpg

このブログでは野生生物に影響を及ぼす1万個を超える悪質な風船飛ばし(バルーンリリース)に反対します!

日本では、業界により「土にかえるから環境に優しい」という風船飛ばしの安全PRが行なわれていますが、野生生物に対する十分な影響調査が行なわれていません。ご賛同される方はJEAN・クリーンアップ全国事務局日本ウミガメ協議会などの環境団体に提言をお願い致します。



プロフィール

soratobi1(あきら)

Author:soratobi1(あきら)
FC2ブログへようこそ!

※コメント・トラックバックは内容を確認のうえ掲載しています。



カテゴリー



カレンダー(月別)

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最近のコメント



月別アーカイブ



トラックバックリスト



QRコード

QRコード



Yahoo! ニュース



Hilight_KW



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RevolverMaps



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



Clock Link



tenki.jp

tenki.jpのトップページにある天気予報画面を、ブログパーツにしてみました。上部にあるタブをクリックすると、天気、気温、降水確率の画面に切り替わるのでとても便利です!



お天気時計(仙台市)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。