FC2ブログ
空とぶものの誘惑
仙台・宮城の情報のほか、さまざまなことを書いています。
似て非なるもの
※このブログでは時々バルーン関係のブログを掲載しています。

ゴム風船といえば一般にパラゴム(ヘベア・ブラジリエンシス)種のゴムの樹から採取された樹液
(天然ゴムラテックス)を原料に作られているというのが一般的に知られている知識です。


ですが、「ゴム風船は天然ゴムから作られているとは限らない」と云ったら「本当?」と
いう方もいるかもしれませんね。


まずは下記のリンクを見てみましょう。海外のバルーン通販サイトのページです。

【Balloons-Direct:Giant Balloons > Chloroprene weather balloons】
http://www.balloonsdirect.com/weather-balloons.htm?gclid=CI-13KD28Z0CFWpd5QodDgl8MQ
【balloonplace:Qualatexブランド】
http://www.balloonplace.com/catalog/Qualatex_latex.html


ページを見て気づいたかもしれません。 実は日本でも著名なクオラテックス(Qualatex)ブランドで
知られるゴム風船の会社「パイオニア社」がクラウドバスターといわれる屋外装飾用の風船を製造しているのです。
そしてその材質は天然ゴムのほか合成ゴムの一種「クロロプレン・ラテックス」が使われています。

この「クロロプレン・ラテックス」ですが、耐候性・耐熱性・そして耐オゾン性に優れていて
しかも天然ゴムの特性に近いという代物。


10031711.jpg
クロロプレンラテックスは浸漬製品や接着剤などに使われ、商品はデンカ(電気化学工業)社「CHLOROPRENE」や
昭和電工・デュポン社の「NEOPRENE(商標名)」などいろいろな会社から発売されています。


天然ゴムはオゾンや紫外線に弱いのですが、気象観測の高層気象観測で天然ゴム製の気球を
使う場合、上空20~25kmに濃度のピークのあるオゾン層や上空に行くほど強くなる
紫外線の影響を受けるほか、氷点下数十℃にも下がる過酷環境であるため、使用するゴム気球に
ケロシン(灯油)付けをして暖かい部屋で乾燥させる気球を保護するための工程が行われています。

【気球搭載型 Optical Particle Counter 放球マニュアル】(ケロシン付けの工程が記されている。)
http://www.stelab.nagoya-u.ac.jp/~npole/opc/ver2-1.html

ですが、気球自体に耐候性や耐オゾン性があれば、そのような面倒な手順を踏む必要はない訳です。


でも、日本には「パイオニア社」のクラウドバスターはあまり出回っていないようなので日本には
関係のない話かもしれません。


それでは、日本の気象観測用のゴム気球を製造している「気球製作所」の気象観測用ゴム気球
「コスモプレン」の日本語版のページを見てみましょう。

【気球製作所(日本語ページ):コスモプレン】
http://www.weatherballoon.co.jp/pages/japanese/1cosmo.html

コスモプレンは、
最新の技術と、長年の経験で開発した、
高性能のゴム気球です。
気象庁や防衛庁をはじめ、広く海外諸国の気象機関で、
高層観測に活躍しています。
気象には国境がなく、
地球を一回りする上空の大気が、
天気を変化させる高気圧や低気圧の動きを支配します。
上空の大気の状態は、高層気象観測によってのみ
知る事ができるため、コスモプレンは
天気予報には欠かせないものです。



天然ゴムの文字はひとつも出てきませんね。一方、同様の英語ページを見てみましょう。

【気球製作所(英語ページ):COSMOPRENE】
http://www.weatherballoon.co.jp/pages/english/1cosmo.html

COSMOPRENE is an excellent balloon for Meteorological Observation,
easy to handle, can be released under any weather condition and
capable of fast rising, both daytime and night use without any pre-heating.

COSMOPRENE that is made from natural rubber (Latex)
or synthetic rubber is high efficiency and reliable.

COSMOPRENE has been accepted by the Japan Meteorological Agency,
Japan Defense Agency and World Meteorological Society
as an approved product for meteorological use.

COSMOPRENE leads the world by its proven performance.



(大意を要約すると...

COSMOPRENE はいつでも予熱の手間がなく、どんな気象条件下でも放球できるので
素早く上昇(観測装置などを打ち上げ)させることができる、取り扱いの簡単な
すぐれた気象観測用気球です。

天然ゴム(ラテックス)あるいは合成ゴムから作られる COSMOPRENE は高性能で
信頼性があります。

COSMOPRENE は気象観測分野で認められた製品として日本の気象庁や防衛庁、そして
海外の気象機関に受け入れられました。

COSMOPRENE は立証された性能で世界をリードします。)



実は天然ゴムのほか、合成ゴムも使われていることが明記されています。
(製品名の語尾が「プレン」なところを見るとやはり合成ゴムにクロロプレンが使われているかもしれません。)


近頃、ゴム気球により高度30000mから地球を撮影した映像がテレビで出てくることが多いですが、
紫外線やオゾンに弱い天然ゴム製のゴム風船では用途としては役不足。
高信頼性を求められる気象庁や防衛庁をはじめ、広く海外諸国の気象機関で使われる用途を考えれば
いちいちケロシン付けをしなくても、最初から気球自体に耐候性・耐熱性・そして耐オゾン性が
期待できる素材を使うのが品質管理をする製造者も観測精度を期待して利用する会社も楽なはず。

このようなケロシン漬けなどが不要なゴム気球の高性能化により、近年実用化され気象庁の測候所などで
導入が進んでいる無人のラジオゾンデの自動気球放球装置と、純水と電気から電気分解で自動的に水素を
発生させる自動水素発生装置により、作業者が直接灯油や水素ガスなどの可燃物を扱う機会が減り、
安全性の向上に寄与しているとともに、灯油などの光熱費や浮揚ガスの費用と人件費のランニングコストの
削減につながっていることでしょう。


【国立極地研究所:気象庁の離島4官署に導入した自動気球放球装置の紹介(気象庁観測部観測課のレポート)】
http://polaris.nipr.ac.jp/~uap/meeting/H19_NIPR_balloon_meeting_talks/Abo.pdf

【アタカ大機:水素発生事業に進出 気象庁向けに水素発生装置を受注(国内7か所)】
http://www.atk-dk.co.jp/xml/docs/ATK_116.pdf




日本では合成ゴム由来のコスモプレンというゴム気球が気象庁や防衛庁で使われていること。
そして日本ではゴム気球も風船と云うことが多いことを考えると...

最初に記した「ゴム風船は天然ゴムから作られているとは限らない」という話はあながち
間違っていない
のかもしれませんね。

関連記事

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://soratobi1.blog73.fc2.com/tb.php/5464-983e7d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ACCESS



Search Widget

http://twitter.com/goodies/widgets



環境アピール

balban.gif ↑上のファイルはGifアニメファイルで簡単に表示できます。  あなたのブログにブログパーツのように貼り付けてお使い下さい。

Take a stroll with MCS Beachwatch(漂着ゴミ映像)

風船飛ばしで野生生物の命が奪われます!

エコ風船を含む天然ゴム風船の大量の風船飛ばしは、野生生物の誤飲や絡まり事故の原因となり命を落とします。

欧米では天然ゴム風船(エコ風船)による風船飛ばしが、分解前の風船の誤飲ひもの絡まりにより命を落とす原因となることが分かっています。

mcs15.jpg

このブログでは野生生物に影響を及ぼす1万個を超える悪質な風船飛ばし(バルーンリリース)に反対します!

日本では、業界により「土にかえるから環境に優しい」という風船飛ばしの安全PRが行なわれていますが、野生生物に対する十分な影響調査が行なわれていません。ご賛同される方はJEAN・クリーンアップ全国事務局日本ウミガメ協議会などの環境団体に提言をお願い致します。



プロフィール

soratobi1(あきら)

Author:soratobi1(あきら)
FC2ブログへようこそ!

※コメント・トラックバックは内容を確認のうえ掲載しています。



カテゴリー



カレンダー(月別)

03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近のコメント



月別アーカイブ



トラックバックリスト



QRコード

QRコード



Yahoo! ニュース



Hilight_KW



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RevolverMaps



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



Clock Link



tenki.jp

tenki.jpのトップページにある天気予報画面を、ブログパーツにしてみました。上部にあるタブをクリックすると、天気、気温、降水確率の画面に切り替わるのでとても便利です!



お天気時計(仙台市)