FC2ブログ
空とぶものの誘惑
仙台・宮城の情報のほか、さまざまなことを書いています。
ナダールじいさんの空飛ぶ家
※このブログでは時々バルーン関係にまつわる話を書いています。

きょうは「カールじいさんの空飛ぶ家」のDVDの発売日です。
10042131.jpg
この映画を見に行った方の中にはすでにDVDやブルーレイディスクを購入された方もいるかもしれません。
また、3D映画をご覧になった方の中には「3D版」のブルーレイディスクが発売されるまで買う気がしないと
いう方もいるかもしれません。



さて、いまから150年近く前にこの冒険に近いことを行った外国人がいます。

その人の名はフランスのナダール(本名:ガスパール=フェリックス・トゥールナション、1820-1910)。
写真家や風刺漫画家であり、また小説家でしたが、そのほかに気球乗りもおこなうという多才な人でした。

このナダールですが、1858年10月に世界で初めて係留気球からパリ市(プチ・クラマトール)の空中写真撮影を行ったことで
知られています。

そのナダールが1863年に作ったのは超巨大なガス気球「ル・ジアン号(巨人号)」。
高さ40m(60mの説もある)、内容積6000立方メートルにもなる巨大な気球は300人ものお針子により製作され、
浮力は4.5トンもあったといわれています。
その気球の下の柳で織られた6つの部屋に分かれたキャビンには、寝室や食品貯蔵庫、バルコニーも設置され、
まさに小柄な家。

【E. D’Arnoult. Voyage du Géant de Paris a Hanovre en ballon. Paris: E. Dentu, 1863.】(左ページにル・ジアン号の画)
http://www.indiana.edu/~liblilly/balloons/darnoult_images.html

【Félix Nadar, “Interior of Le Géant Inflating” (1863)】(ル・ジアン号の気嚢の内部の写真)
http://www.clusterflock.org/2008/03/felix-nadar-interior-of-le-geant-inflating-1863.html

【仏Wikipedia:ル・ジアン号の2回目の飛行前の様子(高画質版)】
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/fr/f/fa/Ballon_nadar.jpg

この巨大気球は1863年10月4日に12人を乗せて24Kmを初飛行し、2週間ほど後の18日の第2回目の
飛行では身内ら7人を乗せ、400マイル(約644Km)を一晩かけてパリからドイツまで国をまたぐ大飛行しましたが、
荒天のため着地に失敗し30分間にわたり16Kmも引きずられ大破。ナダール夫人以外の乗員は平原に
振り落とされたといいます。

資金の尽きたナダールは「将来の飛行技術は飛行機などの重飛行機が先導するだろう」と確信したといいますが、
一方でこの現実の気球の冒険に触発されたジュール・ヴェルヌが同年、冒険小説『気球に乗って五週間』を執筆し、
一躍有名小説家の仲間入りを果たしたといわれています。

(ちなみに、のちの1868年にイギリスの水晶宮(クリスタルパレス)で開催された航空博覧会で
 この気球のキャビンが展示されました。)

【‘The Car of Nadar’s Balloon at the Crystal Palace’, 1868.】
http://www.scienceandsociety.co.uk/results.asp?image=10411180&wwwflag=2&imagepos=2


気球は行き先が風任せで操縦のコントロールが効きませんが、それをわかっていても製作できたのは、おそらく
操縦可能な飛行船が登場する以前の時代だったからなのでしょう。


そういう行く宛のわからない気球旅行の物語が「カールじいさんの空飛ぶ家」という形でいま出てくることに、
ある種の回顧心や、時間に縛られない時代のあこがれを感じてしまうのかもしれません。

でもその一方で、6日ほど前のアイスランドの火山の噴火で飛行機が飛ばず、多くの人が海外を行き来
できなくなり、無用な時間の拘束や出費を強いられて心にゆとりをもたらすどころか心を痛めている人が
多い現実を見ると、やはりこのような冒険旅行で心にゆとりを持つには、時間や大金の余裕も必要なのかも
しれません。(それは今も、昔も...)

関連記事

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://soratobi1.blog73.fc2.com/tb.php/5631-9177d673
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ACCESS



Search Widget

http://twitter.com/goodies/widgets



環境アピール

balban.gif ↑上のファイルはGifアニメファイルで簡単に表示できます。  あなたのブログにブログパーツのように貼り付けてお使い下さい。

Take a stroll with MCS Beachwatch(漂着ゴミ映像)

風船飛ばしで野生生物の命が奪われます!

エコ風船を含む天然ゴム風船の大量の風船飛ばしは、野生生物の誤飲や絡まり事故の原因となり命を落とします。

欧米では天然ゴム風船(エコ風船)による風船飛ばしが、分解前の風船の誤飲ひもの絡まりにより命を落とす原因となることが分かっています。

mcs15.jpg

このブログでは野生生物に影響を及ぼす1万個を超える悪質な風船飛ばし(バルーンリリース)に反対します!

日本では、業界により「土にかえるから環境に優しい」という風船飛ばしの安全PRが行なわれていますが、野生生物に対する十分な影響調査が行なわれていません。ご賛同される方はJEAN・クリーンアップ全国事務局日本ウミガメ協議会などの環境団体に提言をお願い致します。



プロフィール

soratobi1(あきら)

Author:soratobi1(あきら)
FC2ブログへようこそ!

※コメント・トラックバックは内容を確認のうえ掲載しています。



カテゴリー



カレンダー(月別)

03 ≪│2020/04│≫ 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最近のコメント



月別アーカイブ



トラックバックリスト



QRコード

QRコード



Yahoo! ニュース



Hilight_KW



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



全記事表示リンク

全ての記事を表示する



RevolverMaps



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



Clock Link



tenki.jp

tenki.jpのトップページにある天気予報画面を、ブログパーツにしてみました。上部にあるタブをクリックすると、天気、気温、降水確率の画面に切り替わるのでとても便利です!



お天気時計(仙台市)